賃貸の物件見学をする際注意すべきポイントを三つ挙げ、契約した後に起こりうるさまざまな問題の回避に繋げます。

賃貸の内見では騒音の問題を確認
賃貸の内見では騒音の問題を確認

賃貸物件を見学する際の注意点

賃貸を契約する前に、誰もが物件の見学をするとは思います。そこで見学する際の注意点をまとめておきます。まずは日程を決める際ですが、なるべく夜は避けましょう。その理由としては、特に女性が個人で見学に行く場合などは大家と二人きりになってしまいます。あまり考えにくいことではあるのですが、初対面ということもあればその人に対し警戒するに越したことはありません。

もうひとつの理由としては、日中に見学することで部屋にどのくらい日光が射すのか確認できます。昼間から電気を付けなければならないくらい日当たりの悪い部屋は誰しもが避けたいですよね。二つ目は、カメラを持参していきましょう。複数の物件を見学する場合、自分で物件ごとにまとめることもできますし、壁の傷や染みなども事前に確認しておくことができるからです。三つ目はちょっと難しいかもしれないのですが、もしアパートやマンションなどの集合住宅の見学でしたらその住人に実際に聞いてみるのもアリかもしれません。やはり実際に住んでいる人の声が一番参考になるからです。

このように、契約する前にどれだけチェックしたかによって、その後の問題を回避でき安心して暮らすことに繋がります。物件はさまざまです。ご自身にぴったりの物件を見つけて下さい。

お勧めのサイト