賃貸を見学する時には部屋の細かい部分や建物自体もチェックして生活してから快適に住めるかどうか判断します。

賃貸の内見では騒音の問題を確認
賃貸の内見では騒音の問題を確認

賃貸を見学する時のポイント

賃貸を選ぶ時に大切なのが部屋の見学です。間取り図を見ただけで部屋の間取りや広さはだいたい把握できるかもしれませんが、書類だけで見聞きした部屋の情報だけでは実際の部屋の状態を正確に把握することはできないものです。必ず部屋の見学をしてよくチェックしてから契約に進むようにしたいものです。部屋の見学では部屋だけでなく建物自体もよくチェックします。通路や階段にゴミや物が散らばっていないか、階段などに危ないところはないか、駐車場や駐輪場は設備が整っているか、入居者がゴミを捨てる場所を正しく使っているか、などチェックします。

部屋は自分が入居するのに適した広さか、狭すぎないか、間取りの数が丁度良いか、キッチンやトイレ、浴室は快適に使えそうか、収納スペースは容量が不足していないかなどをチェックします。中には自分で入居してからある程度調整できるものもあるのですが設備の関係で自分で調整できない部分は問題ないか検討する必要があります。入居してから生活の不便さに気付くのでは遅いので細かい部分もチェックして納得してから契約するようにしたいものです。賃貸で気になるのは騒音問題です。多少の物音は聞えるものですが、我慢できないほどうるさくないかどうか実際に確認してみるのがおすすめです。

お勧めのサイト