安い物件を探している時に注意してほしいのが賃貸物件は安さだけで決して決めないという事が必要です。

賃貸の内見では騒音の問題を確認
賃貸の内見では騒音の問題を確認

賃貸物件は安さだけで決めない

賃貸物件を探す時にできるかぎり安い所が良いという事で探している人がいますが、その時に安さだけで物件を決めない事が必要です。例えば平均相場の家賃が5万位の地域であるなら3万くらいの物件もあります。しかし、安いからめちゃくちゃラッキーだと思ってしまいがちですがそう思うのは少し早いです。というのも部屋が安いという事はそれだけの理由があるという事を考えなければならないのです。安い理由にはいろいろありますが、都会から離れているから安いというのなら全然OKなんですが、中には部屋が狭い、部屋に傷が多くある、トイレが和式、トイレとお風呂が一緒、キッチンのスペースが狭い、築年数がかなりたっているなどがあります。

そこで大事なのが部屋が安い理由は把握する事です。例えば安い物件でいざ借りると部屋に傷があったというのでは後悔してしまいます。安い理由を把握できないで借りると後悔してしまうので、部屋を実際に見学したり、担当者に聞いたりしてしっかりと安い理由を把握します。その理由が自分が別に気にしないのであれば借りればいいと思うし、ちょっと自分には抵抗のある理由なら借りるのは控えるようにします。安さだけにとらわれずに、なぜ安いのかをしっかり把握するようにしてほしいです。